ホームページに設定 - お気に入りに追加
あなたの現在の場所:ホーム > ms access ライセンス 価格 > テキスト

出所:access 2013 c2r 銉兗銉儛銉冦偗 編集者:ms access ライセンス 価格 時間:2020-10-26 12:02:06

PDF銇儠銈┿兂銉堛倰鍩嬨倎杈笺伨銇亜銇ㄣ仼銇嗐仾銈嬨亱锛

私の行なっている方法です。参考になればどうぞ。仮に契約開始月か終了月まで毎月の入金表を作るとします。

質問者さんが用意している案件ID〜契約終了月のテーブル〔仮に案件tと名付けます〕の他にテーブルを二つ作ります。年月日tへ年月日フィールド、フィールドへは想定される契約開始から終了迄の期間の毎月の1日予め入力してください。入金日tには入金日と案件ID の二つのフィールドを作ります。案件tと年月日tから追加クエリを作ります。結合はしません。フィールドは案件IDと年月日です。追加先は案件IDを入金日tの案件IDへ年月日を入金日へとして、年月日の抽出条件へbetween[案件t][契約開始月]and[案件t]![契約終了月]とします。クエリの名前は入金作成とします。案件tからフォームを作ります。名前は案件fとしてコマンドボタンを作ってクリック時あたりへDoCmd.Openquery”入金作成“とします。

追加クエリ入金作成のデザインビューへ戻って案件IDの抽出条件へ[forms]![案件f]![案件ID]とします。こんな感じでいかがでしょうか。年月だけの扱い方が解らなかったので、書式だけyyyy/mmにして入力は1日付でしています。

>[案件ID]・[案件名]・[契約開始月]・[契約終了月]

锛銇撱亾銇с€併儠銈┿兗銉燘 銈掋儉銈ゃ偄銉偘銉兗銉夈仹闁嬨亸銆

ダイアログモードは、ポップアップと表示上は同じです。銇傘仺銆佷粬銇儠銈┿兗銉犮伅瑙︺倢銇亸銇倞銇俱仚銆

フォームB でデータ入力させるなら、他のフォームは触れない方が安全。対アログモードで開くには、下記のように第6引数で、acDialog を指定。

    1    2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  
人気の記事

Copyright © 2016 Powered by ,access 2013 c2r 銉兗銉儛銉冦偗  

sitemap

Top